恋愛と結婚を同じ基準でみてはいけない

恋愛と結婚は違うものです。
恋愛はときめきだけで大丈夫かもしれませんが、結婚は長い人生一緒に過ごす必要があります。
その為一緒にいてリラックスできるか、気を使わずに過ごせるか、お互い理解できるか、考え方を尊重できるか、
尊敬しあえるか、お互い協力して家計を作れるか、思いやりある行動を取れるかといった部分が大事になってくるわけです。
だから容姿がいいから、男らしいから、背が高いから、年収がいいから、いい会社に勤めてるから、スタイルがいいからといった
結婚には特別必要もないことに目を取られてしまってはいい結婚はできるとは言い難いのです。
恋は盲目と言いますが、20代の人生経験浅い頃に恋愛と結婚の違いを分からずに相手のことが好きという気持ちばかりで結婚してしまっては
長く結婚生活を送るのは難しいかもしれません。
逆に30代になり、結婚に焦り始めた時期に恋愛と結婚の違いが曖昧になりがちです。
結婚相手に妥協するのはいいですが、恋愛との違いを分からず盲目的に相手を判断しては難しいです。
結婚相手を生半可な気持ちで判断しても、最終的には失敗して離婚するというのがオチですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です